札幌市白石区菊水の保育所「まこと保育所」社会福祉法人札幌光明園が運営。


保育に対する姿勢

保育所生活のユニバーサルデザインを考える

・保育所はいろいろな子どもの成長を育める多様性をもった生活の場であること
・保護者にとって、子どもを育てるために必要な場所であり、
 子どもを育むかかわりを通して、人として相互の信頼関係を培える場であること

子ども達一人一人の姿を大切にする

・どの子(人)に対しても、共に生活し成長するために必要な工夫や援助を行う
・自分でできることを(は)、自分で行う事ができるような生活を大切にする

0・1・2歳

・発達に応じたきめの細かい個別の対応を行う。
・成長の姿に応じて生活全般のあり方を考えていく。
・個々の姿を捉えながら個別の計画から個とグループ、個と年齢集団
  カリキュラムと成長に応じて変化させていく。

3・4・5歳

・個をベースにした集団生活を基本とする。
・個々の心情・意欲・態度などの育ちを大切にし、その育ちを基礎として自らの体験の中で
 生活する力、遊ぶ力、考える力、表現する力などを育んでいく。(五つの領域の視点から育ちを捉える)
・人とかかわる力を大切に育てていく

インクルーシブな生活の構築

一人一人の子どもの特性に合わせられる保育の柔軟性を求め、保育形態、方法を考える。

{大・中・小の}  {同年齢・異年齢の}
{集団・小集団・個別で}
{広い空間・狭い空間・限られた空間で}
{自由に・ルールを守って・時には我慢も}

可塑性を持ち、年齢や個人の育ち・障がいの有無などにかかわらず「その子にとって今、必要なこと」を見極め、それを保証する。


「養護」と「教育」について

子どもに育てたい生活の力